HOME > 赤ちゃん歯科

赤ちゃん歯科

赤ちゃん歯科とは

はじめに

赤ちゃんは、通常月齢4~7か月くらいで歯が生え始めます。
生えてからも、よほどのことがない限り1歳くらいまで虫歯になることはありません。
多くのお母様は、そんな時期に歯医者へ赤ちゃんを連れて行く、という意識はないと思います。
にもかかわらず、そんな赤ちゃんを対象にするのが、『赤ちゃん歯科』。
近年歯科界では、この『赤ちゃん歯科』が歯科の一分野として認識されるようになってきました。
なぜ虫歯とは縁遠いこの時期に、『歯科』なのでしょうか?

一生を大きく左右する、赤ちゃん時代

赤ちゃん時代は、一生のうちで最も成長発達の度合いが大きい時期です。
下の図は、『スキャモンの発育曲線』です。

スキャモンの発育(発達)曲線とは、であるScammon(アメリカの学者)が発表した人間の発育曲線で、20歳を100%としてその成長度合いを一般型・神経型・リンパ型・生殖型に分けてグラフにしたものです。(上図では生殖型は省略)

この中で、神経型は6歳までに急激に発育し、その後は緩やかな発育にとどまります。
歯を支える上下の顎のうち、上顎の発育は“神経型“、下顎の発育は”一般型”に属すると言われています。
ただし、1歳までは顎の前方成長の率は、下顎骨の方が大きい、というデータもあります。
したがって、あごの成長は1歳までに決定づけられると考えるべきである、と さくら総合歯科院長は考えています。

ということは・・・・赤ちゃんの時期を過ぎてからでは歯を支えるあごの成長を正常に導くのは難しく、遅れを取り戻すための様々な訓練や、装置の使用が避けられなくなってしまう、即ち“歯ならび・かみ合わせの異常の予防”にとっては遅すぎる、と考える小児歯科医が増えてきました。
そんな小児歯科医たちが赤ちゃんの時期から歯科医院に来院してもらい、様々なアドバイスをすることが必要と感じ、それが『赤ちゃん歯科』を提唱するようになった主な理由のひとつと思われます。

赤ちゃん歯科って、何をするの?

それでは、赤ちゃんに対して歯医者で何をするのでしょうか?

赤ちゃん歯科で行うのは、子育てにとって重要な4つのS(息育・食育・足育・手育)をはじめとした、発育発達支援です。
発育発達については、今後追記する予定です。
『子育ての4S』についてはこちらのページをご覧下さい。

 赤ちゃん よくない抱っこ赤ちゃん歯科 予防 歯並び かみ合わせ

お問い合わせ

通院中以外の方のお問い合わせは、さくら総合歯科Facebookのメッセンジャーにてお願い致します。
通院中の方は、お電話でお願い致します。
お電話は、必ず月曜から土曜(休診日を除く)の午前中にお願い致します。
icon 電話番号059-326-0054


ページトップに戻る